高品質な原材料を厳選したドッグフード「ナチュラルハーベスト」。真空パックされた特徴のあるパッケージのドッグフードなので、ペットショップなどで一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

今回は、「ナチュラルハーベスト」を徹底調査してみました。

ナチュラルハーベストの特徴

ナチュラルハーベストは、「安心・安全」を第一に考えて作られているドッグフードです。

ナチュラルハーベストのドライフードは、日本の気候や環境を考えて、日本に住む犬のために設計されています
良質な原材料を厳選し、人工の防腐剤・着色料・香料は不使用。製造直後に真空パック、不活性ガスの充填、脱酸素剤の使用などの酸化対策を施しています。

ドライフードは「ベーシックフォーミュラ」「プライムフォーミュラ」「セラピューティックフォーミュラ」「パウダーフード」の4つのカテゴリーに分けられており、愛犬の健康状態や好みに合わせて選ぶことができます。

ベーシックフォーミュラ

厳選された高品質な原材料を使用した、消化性が高い低カロリーのドッグフードです。

ビーフ&チキン、ラム、ターキー、フィッシュなど、アレルギーの原因となり得るたんぱく源が限定されています。

プライムフォーミュラ

多くの食材を組み合わせて、それらが持つ自然な栄養素を取り入れたナチュラルフード。

犬が消化を苦手とする穀類を一切使用せず、動物性の肉が多く取り入れた、犬本来の食事を意識したシリーズです。

セラピューティックフォーミュラ

日本と米国の獣医師が共同開発した療法食シリーズです。

ダイエット用、シニア用、結石ケア用など、愛犬の症状や悩みに合わせて選ぶことができます。

パウダーフード

高品質な原材料で作られた、パウダータイプの総合栄養食シリーズ。

肝臓や腎臓、心臓に不安を抱える犬におすすめの高度な臨床栄養学に基づいて開発された商品です。

ナチュラルハーベストの品質

ナチュラルハーベストは、人工の防腐剤・着色料・香料を一切使用せず、作りたての新鮮なドッグフードをそのまま真空パック。また、原産国も米国やカナダが中心で、人間への使用が禁止された素材は使われていないので安心して愛犬にも与えられますね。

ナチュラルハーベストの原材料と成分

ナチュラルハーベストにも様々な商品ラインナップがありますが、そのなかでもグレインフリーで栄養価が高い「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」の原材料と成分を調査してみました。

原材料

ワイルドボアー、ターキー、ポテト、ターキーレバー、ターキーハート、えんどう豆、ターキーミール、チキンミール、ポテトプロテイン、メンハーデンミール、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)、鶏卵、タラ肝油、トルラ酵母、ビール酵母、えんどう豆繊維、亜麻仁、加水分解チキンエキス、海塩、亜鉛酵母、イヌリン、プロバイオティクス、(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)、昆布、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、タウリン、ビタミンE、キレート銅、ラクトフェリン、ビタミンC、ユッカ、グレープシード抽出物
粗タンパク質 32.5%以上 粗灰分 7.0%以下
粗脂肪 13.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 3.0%以下 代謝カロリー 345kcal/100g

 

原材料を確認すると、主原料がワイルドボアー(イノシシ)、ターキー(七面鳥)といった肉類であり、動物性たんぱく質を豊富に含んでいるドッグフードであることが分かります。

また穀類不使用のフードなので、穀物アレルギーの犬へも安心して与えられます。

ナチュラルハーベストの利用者の口コミ・評判

ナチュラルハーベストを実際に愛犬に与えている飼い主さんの反応はいかがでしょうか?

Amazonや楽天などで口コミや評価を調べてみました。

ナチュラルハーベストの良い口コミ

涙やけにはこのドライが良いですよと紹介頂きました。美味しいようで喜んで食べてくれますが、大の偏食犬達なので、ウェットを少し混ぜています。小粒で食べやすい大きさです。
おいしいらしく良く食べてくれます。ウンチも良い感じの固さで、臭いも気になりません。
知人のお勧めでこのフードにしてからうちのワンコ(トイプードル、レッド)の毛色が良くなりました。味も美味しいらしく、飽きずによく食べてくれます。

ナチュラルハーベストの悪い口コミ

原材料や栄養的には安心できるフードのようですが、なにしろ粒が石のように硬いし小型犬には少し大き目です。粒が大きくて硬いとふやかすのに時間がかかります
まったく食べず。いつものように捨てました。変なにおいがしてうちの子は2、3回匂いを嗅いで知らん顔して器をまたいでいきました。
体質によって便が緩くなる子がいるとは聞いていましたが、ウチもそうなりました。なので、他のフードと混ぜてあげました。食いつきは良いです。

ナチュラルハーベストの食つきはどう?

ドッグフードを選ぶにあたり、気になるのが愛犬の食いつきの良さではないでしょうか?

口コミを見てみると、食いつきが良いという評価が多いように感じます。ただ、食いつきに関しては個体差があるため、必ず食べてくれるとは限りません。

ナチュラルハーベストは100g入りもありますので、気になるようなら少量タイプのものを購入して食いつきを確認してみましょう。

ナチュラルハーベストのメリット・デメリット

ナチュラルハーベストにはどんなメリットとデメリットがあるのかを調査してみました。

メリット

ナチュラルハーベストは真空パックのパッケージです。

ドッグフードは、空気中の酸素に触れることで「酸化」してしまい、風味が落ちるだけではなく犬の身体に悪い影響を与えてしまいます。真空パックにすることで、フードの酸化を防ぐことができるのです。

いつでも新鮮なフードを届けたいという、販売元の想いが伝わりますね。

デメリット

こだわりの原材料を使用したドッグフードですので、価格が少々高いフードです。

多頭飼いや大型犬を飼っているご家庭では、継続して与え続けるのが難しく感じるかもしれません。

ナチュラルハーベストを与えるべき犬・与えない方が良い犬

原材料や口コミを元に、ナチュラルハーベストを与えるべき犬・与えない方が良い犬についてまとめてみました。

ナチュラルハーベストを与えるべき犬

ナチュラルハーベストの口コミをチェックしてみると、「喜んでフードを食べるようになった」というコメントが多く感じます。

フードをなかなか食べてくれないと悩んでいる飼い主さんは、一度愛犬に与えて食いつきをチェックしてみましょう。

また、ナチュラルハーベストは商品ラインナップが豊富で、特定の食材にアレルギーがある犬やダイエット中の犬用のフードなどが用意されています。ですので、愛犬に悩みにぴったりなフードを見つけることができるはずです。

ナチュラルハーベストを与えない方が良い場合

お腹を壊してしまったという口コミがあるように、なかにはナチュラルハーベストを与えることで体調を崩してしまう犬もいるようです。

嘔吐や下痢という症状が出た場合は、与えるのをやめて獣医師さんに相談しましょう。

ナチュラルハーベストの給餌量は?

ドッグフードは商品によって給餌量が異なります。ナチュラルハーベストの給餌量はどれくらいでしょうか?

原材料を調べた「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」は以下の通りです。

年齢/体重 0.5kg 1kg 2.5kg 5kg 10kg
〜3ヶ月 55g 90g 170g 270g 425g
〜6ヶ月 35g 60g 105g 170g 270g
〜9ヶ月 25g 40 75g 125g 195g
10ヶ月〜 20g 35g 65g 100g 160g
成犬 20g 30g 55g 85g 135g

また、シニア犬や避妊・去勢後の犬は1割程度減らして与えると良いでしょう。あくまでも目安の給餌量ですので、便の様子や毛ヅヤを見ながら調整してあげてください。

ナチュラルハーベストのコスパは?最安値とおすすめの購入方法

ナチュラルハーベストを与えようと思ったときに、気になるのがコスパや販売店です。早速チェックしてみましょう。

ナチュラルハーベストが購入できる場所

ナチュラルハーベストは全国の動物病院やペットショップで販売されています。販売店は公式サイトでチェックできますので、近くの取扱店を確認してみましょう。

もし、家の近くに販売店がない場合は、楽天やAmazonといった大手通販サイトでも販売されているため、そちらを利用してください。

ナチュラルハーベストの販売価格

ナチュラルハーベストの販売価格はいくらでしょうか?先ほど原材料や給餌量を調べた「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」は以下の通りです。

真空パック / 1袋 1.25lb(566g) 価格
1袋 1,728円
2袋セット 3,132円
6袋セット 8,532円
12袋セット 16,740円

 

ポータブルパック/ 1袋 100g 価格
1袋 432円
2袋セット 11,880円

※価格は全て税込価格です

ナチュラルハーベストと他の人気ドッグフードとの価格比較

ナチュラルハーベストは少し価格が高いフードですが、他のフードと比べてどれくらいの違いがあるのでしょうか?

今回は、ナチュラルバランス、カナガン、オリジンと比較してみました。

商品名 内容量 価格 10gあたりの価格
ナチュラルハーベストプライムフォーミュラマイリトルダーリン 566g 1,728円 30.5円
ナチュラルバランススウィートポテト&ベニソン 1kg 1,890円 18.9円
カナガン 2kg 4,276円 21.3円
オリジン オリジナル 2kg 6,480円 32.4円

上記の表からわかるように、「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」はコスパの良いフードとは言えません

12袋まとめ買いをすると、10gあたり24.6円まで安くなりますが、ナチュラルバランスやカナガンと比べるとまだまだ高いようです。

ナチュラルハーベストの給餌量別1ヶ月の目安料金は?

給餌量と10gあたりの価格がわかれば、1ヶ月あたりのコスパを算出することができます。

成犬時の体重別コスパは以下の通りです。

体重 0.5kg 1kg 2.5kg 5kg 10kg
成犬 1,830円 2,745円 5,032円 7,777円 12,352円

まとめ買いをすることで多少は安くなりますが、10kgの犬だと10,000円を超えてしまいます

ナチュラルハーベスト購入前に気になるQ&A

実際にナチュラルハーベストを購入する際に、気になる点をQ&A形式でまとめてみました。

ナチュラルハーベストにお試しサンプルはあるの?
ナチュラルハーベストには、無料でもらえるフードサンプルなどは無いようです。
ただし、100gの少量パックが販売されていますので、食いつきを確認したい場合はこちらを利用しましょう。
ナチュラルハーベストの賞味期限は?
商品によって異なるため一概には言えませんが、公式サイトには真空パックのドライフードの場合は製造から2年との記載があります。
ナチュラルハーベストの保存方法は?
開封後はドッグフードの酸化を防ぐため、しっかり封をして空気に触れないように保存しましょう。その際は直射日光を避け、湿気が少ない涼しい場所で保管してください。
ナチュラルハーベストのカロリーは?
商品によって異なりますが、「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」は100gあたり345kcal、「ベーシックフォーミュラ メンテナンス ビーフ&チキン」は100gあたり326kcalとなっています。
ナチュラルハーベストはいつから与えていいの?
例えば「プライムフォーミュラ マイリトルダーリン」は子犬期からシニア期まで、全年齢に対応したフードです。商品によって対応年齢が違うため、購入前に公式サイトで確認しましょう。

まとめ

今回調査したナチュラルハーベストは、原材料やパッケージから製品の安心・安全度は非常に高いドッグフードであることが分かりました。

口コミでは犬の食いつきも良いと評価も高いため、フードを食べなくて悩んでいる方は試してみても良いでしょう。

ただし、少々高価なフードですので、お財布との相談が必要かもしれません。

フードローテーションの1種や期間を限定して使用するのであればおすすめのフードです。

その他おすすめドッグフードから選ぶ

それでも、まだ迷っている方におすすめのドッグフードは・・・

中でも1番おすすめなのは、モグワンドッグフード

安全性・栄養成分・コスパ・食いつきのよさなど、トータルバランスに優れているので、迷っている方はモグワンを選んでおけばまず間違いないでしょう。

おすすめの記事