チワワの餌の選び方とおすすめドッグフード

大きな瞳が特徴的な犬種「チワワ」は、日本ではプードルに次いで多く飼育されている人気犬種です。

世界で最も体の小さい犬種であり、平均体重は1.5kg~3kg程度が理想であると言われています。

今回は、チワワの体質や特徴に合わせた、おすすめのドッグフードや選び方を紹介します。

定期購入の利用で最大20%オフ
モグワンドッグフードの公式サイト

チワワはアレルギーになりやすい?

チワワに限らず、近年アレルギーで悩む犬が増えてきています。

愛犬に「頻繁に体を掻いている」「足先を舐めている」「毛が抜けている」といった症状が現れたら要注意!アレルギーを引き起こしているのかもしれません。

ここではアレルギーの原因や対策について説明していきたいと思います。

こんな症状に注意!

アレルギーの症状で特に多いのが、皮膚に関するアレルギーです。

愛犬に次のようなしぐさや症状が見られたら注意しましょう。

  • 頻繁に体を掻いている
  • 体に発疹や脱毛、フケが見られる
  • 皮膚が赤くなっている
  • 足先を舐めたり噛んだりしている

これらの症状は、顔周りお腹、脇などに多くみられます。

また、食物アレルギーの場合は嘔吐や下痢といった症状を引き起こすことがあります。

季節や生活環境によって起こることもありますが、症状が頻繁に現れるようならアレルギーを疑いましょう。

犬のアレルギーの原因は?

犬も人間同様、体に侵入したウイルスや菌を取り除くために「免疫」が備わっています。

本来は体を守るための免疫機能が、特定の食べ物や環境によって過剰反応を起こしてしまい、体に悪い影響を及ぼすのがアレルギーです。

アレルギーを発症するきっかけは様々ですが、ハウスダストやカビ、ダニ、ノミ、食べ物がアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)であると言われています。

家の中で飼われることの多いチワワは、外で飼われている犬に比べて、ウイルスやアレルゲンに触れる機会が少ないため、免疫力が低下していることが一つの原因であると考えられます。

また、小麦やトウモロコシ、肉といった食べ物が原因で発症するアレルギーもあります。

アレルギーの対策

上記のようなアレルギーのサインを見つけたら、少しでも早く対策してあげることが大切です。

原因別に対策方法を解説します。

アトピー性皮膚炎

ハウスダストやカビなどが原因の「アトピー性皮膚炎」は、アレルゲンとなるものに接触することで症状が現れます。

部屋や寝床の掃除をしっかり行い、定期的にシャンプーしてあげるなど、常に犬の体を清潔に保ってあげることが大切です。

症状が酷い場合は薬による治療が必要になりますので、かかりつけの動物病院で診察してもらうようにしましょう。

食物アレルギー

まずは、どんな食材でアレルギーが発症しているかを特定する必要があります。

動物病院でアレルギー検査を受けるのも良い方法です。

もし検査で原因が特定できない場合は、普段与えているドッグフードの原材料を確認してみましょう。

アレルギーの原因であると言われている小麦やトウモロコシが多く使われていませんか?

また、鶏肉ベースのドッグフードを与えているのであれば、ラムや魚ベースのフードに変えることで、アレルギー症状が改善されることもありますので、一度試してみてください。

今のドッグフードがチワワに合っているかの確認方法

現在、愛犬に与えているドッグフードはどういった基準で選んでいますか?

食いつきが良いという理由で選んだドッグフードが、実は愛犬の体に合っていないということもあり得るのです。

本当に相性の良いドッグフードであるか、次の点を確認してみましょう。

便の状態

ドッグフードの相性を確認するときに、一番早い方法は便の状態を確認することです。

程よい硬さで臭いが少ないものであれば問題はありません。

体に合っていないドッグフードを与えた場合、便の量が増えたり、嘔吐や下痢といった症状が見られたりすることがあります。

フードを切り替えたときにこのような症状が見られることがありますが、長く続くようであれば違うフードに変えることを検討する必要があります。

毛ヅヤや皮膚の状態

体に合わないドッグフードを与え続けると、被毛や皮膚に症状が現れることがあります。

すぐに変化がある訳ではありませんが、毛ヅヤが悪くなったり痒がったりするようであれば、別のフードを与えて様子を見てみましょう。

食いつきが良い

恐らくフードを選ぶ際に優先するのが、愛犬の食いつきだと思います。

もちろん、食いつきが悪いドッグフードは愛犬の体に合っているとは言えません。

ただし、なかには香料や添加物を使って嗜好性を高めているフードもありますので、与える際は原材料をしっかりチェックして、危険なものが使われていないか確認しましょう。

チワワに合うドッグフードの選び方!

今与えているドッグフードに不安を感じたのであれば、ぜひ体に良いドッグフードへの切り替えをおすすめします。

ただ、ペットショップやホームセンターへ行ってもたくさんの種類のドッグフードが並んでいて、正直どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。

そこで、どういった点を意識しながら選ぶと良いかを解説します。

ヒューマングレード

パッケージやホームページに「ヒューマングレード」という記載があるドッグフードは、人間が食べられるレベルの素材で作られていることを意味しています。

価格が安いドッグフードには、本来は処分される鶏の骨やトサカ、病気で死亡した家畜の肉といった危険なものが原材料に含まれていることがあります。

このようなものが多く含まれているものは、犬の体にも良くありません。

原材料欄を確認して、主原料が「○○ミール」となっているものは注意しましょう

高たんぱく質

たんぱく質は、犬の筋肉や骨などを成形するために必要な栄養素です。

特に、子犬には高たんぱく質のドッグフードを与えるべきだと言われています。

主原料に肉類や魚類が多く使われているものを選ぶと良いでしょう。

グレインフリー(穀物不使用)

犬は元々肉食であるため、穀物の消化があまり得意ではありません。

そのため、穀物がメインで使われているドッグフードは消化器官に負担をかけてしまいます。

また、小麦や大豆、トウモロコシといった食材はアレルギーを引き起こしやすいと言われていますので、できればグレインフリーのドッグフードを選んであげることをおすすめします。

オメガ3脂肪酸

美しい皮膚や被毛を保つために必要で、魚に多く含まれている栄養素です。

コレステロールや中性脂肪を下げるほか、免疫力を強化してくれる働きもあるため、アレルギーなどが軽減されるとも言われています。

犬の体内では脂肪酸を作ることができないため、食事で補う必要があります。

無添加

安価なドッグフードの中には、犬の嗜好性を高めるために香料や着色料、添加物をたくさん使用しているものがあります。

例えば、酸化防止剤として使われるBHA、BHT、エトキシキン、ソルビン酸カリウムといった成分は犬の体に悪影響を及ぼします。

原材料をチェックして、このような成分が含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

その他ドッグフードの選び方については以下の記事をご確認ください。

チワワにおすすめのドッグフードは?成分を徹底比較!

以上のポイントに着目して、チワワの飼い主さんに人気のドッグフード15種類を比較してみました。

商品名 主原料 グレインフリー オメガ3脂肪酸 安全性 購入サイト 詳細記事
モグワン チキン&サーモン 1.29%
カナガン 骨抜きチキン生肉、乾燥チキン 0.90%
ナチュロル 牛、鶏、馬、魚の生肉
ロイヤルカナン チワワ 成犬用 米、とうもろこし × ×
ニュートロ ナチュラル チョイス 成犬用 チキン、チキンミール × 0.2% 以上 準備中
ヒルズのサイエンス・ダイエット アダルト 小型犬用 トリ肉(チキン、ターキー) × 0.62% ×
グラン・デリ 穀類(パン粉、小麦粉、トウモロコシ) × ×
アーテミス「アガリクスI/S」 フレッシュチキン・ドライチキン × 0.5%以上 準備中
アカナアダルトスモールブリード 新鮮鶏肉 1.0% 以上
オリジン オリジナル 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉 0.8 %以上
アランズナチュラル ラム肉
アイムス 成犬用 肉類(チキンミール、家禽ミール) × 0.3% × 準備中
ドットわんごはん 豆腐おから(埼玉・神泉村産) × 準備中
プロマネージ チワワ専用 チキンミール × × 準備中
ファインペッツ 鹿肉、鶏肉

チワワのドッグフードおすすめランキング

比較してみると、フードによって使われている原材料や品質が様々であることが分かりました。

上記の表で「〇」や「◎」が付いているドッグフードは、安心して与えて良いものであると言えますが、これだけたくさんの種類があると、実際にどれを与えたら良いか迷いますよね。

そこで、チワワにおすすめできるドッグフードをランキング形式で紹介します。

1位 モグワン

モグワンは、犬の健康と食いつきを最優先に考えられたドッグフードです。

主原料に新鮮なチキンとサーモンが使われており、動物性たんぱく質の割合がなんと50%以上

原材料は全てヒューマングレードですので、安心して与えることができます。

価格 通常購入:3,960円(税別)
定期コース:3,168円(税別)※1度に6袋以上購入の場合
内容量 1.8kg
カロリー(100gあたり) 約344kcal

 

2位 カナガン

カナガンはイギリス産のプレミアムドッグフードです。

小型犬が食べやすい小粒タイプで、主原料の50%に新鮮な鶏肉が使用されています。

徹底した品質管理の元で製造されているので、愛犬にも安心して与えることができます。

使われている動物性たんぱく質は鶏肉のみなので、フードローテーションに組み込むと良いでしょう。

価格 通常購入:3,960円(税別)
定期コース:3,168円(税別)※1回あたりの購入金額が20,000円以上の場合
内容量 2kg
カロリー(100gあたり) 約361.25kcal

 

3位 ナチュロル

獣医師と栄養管理士が共同開発した高級プレミアムドッグフード「ナチュロル」。

ビタミンCが配合された世界初のドッグフードで、毛ヅヤの改善などにも期待ができます。

新鮮で良質な生肉を55%以上使っているので、愛犬の食いつきも良いと話題です。

価格 通常購入:6,000円(税別)
定期コース:4,980円(税別)
内容量 850g×2
カロリー(100gあたり) 約400kcal

 

4位 オリジン オリジナル

数々の受賞歴があり、国内外の愛犬家から絶大な評価を得ている「オリジン」。

全体の約85%に肉類が使用されており、犬本来の食事を再現したドッグフードであると言えます。

価格が少し高いですが、食いつきが良いので好き嫌いの多い犬にもおすすめです。

価格 6,000円(税別)
内容量 2kg
カロリー(100gあたり) 約394kcal

5位 アランズナチュラル

主原料にラム肉を使用したドッグフードです。

玄米が使われているためグレインフリーではありませんが、鶏肉や牛肉にアレルギーがある犬に最適です。

さらに低カロリーなので、太りやすいと言われるチワワにも安心して与えられます。

価格 通常購入:3,960円(税別)
定期コース:3,168円(税別)
※1回あたりの購入金額が20,000円以上の場合
内容量 2kg
カロリー(100gあたり) 約339kcal

 

チワワにモグワンドッグフードをおすすめする理由

たくさんあるドッグフードの中で、なぜチワワに「モグワン」がおすすめなのでしょうか。

その理由は次の通りです。

  • ヒューマングレードの原材料使用で安心
  • 高たんぱく・低カロリーの新鮮な鶏肉が主原料である
  • 販売元が実施した試食会では97.8%の犬が食べるほど食いつきが良い・ヒューマングレードの原材料使用で安心
  • 穀物不使用で消化に良い
  • 厳しい基準をクリアしたペットフード専門工場で生産が行われている
  • グルコサミン、コンドロイチンといった関節に良い成分が含まれている

チワワは室内で飼育されることが多く、太りやすい犬種であると言われています。

高たんぱく・低カロリーのドッグフードを選んであげることで、肥満防止や体重管理がしやすくなります。

また、チワワに多い症状ひとつに関節疾患があります。

モグワンにはグルコサミン・コンドロイチンといった成分が含まれており、関節ケアにも役立ちます。

このような理由から、モグワンはチワワにおすすめできるドッグフードであると言えます。

定期購入の利用で最大20%オフ
モグワンドッグフードの公式サイト

チワワがドッグフードを食べない時の理由と対処法!

愛犬がドッグフードを食べてくれないと非常に心配ですね。理由は様々ですが、主に次のようなことが考えられます。

ストレス

ペットホテル利用時や外出先で食べない場合、環境の変化によるストレスが考えられます。

普段生活している環境に戻ってきたら食欲が戻る可能性もあります。

愛犬がお出かけや宿泊に慣れてないのであれば、できる限りこういった状況を避けてストレスを与えないようにしましょう。

どうしてもお出かけやお泊りをしなければならないときは、ささみや愛犬の好物をトッピングしてあげると食べてくれることがありますので、ぜひ試してみてください。

ドッグフードの味や香りが犬の好みに合わない

人間同様、犬にも好き嫌いがあります。

特にチワワは頑固な性格な子が多く、ドッグフードの香りや味が合わないと、一切フードを食べてくれなくなることもあります。

現在与えているドッグフードから新しいドッグフードに切り替える場合は、いきなり全てを切り替えるのではなく、混ぜながら少しずつ切り替えていくことをおすすめします。

おなかが空いていない

ごはんを与える前におやつを与えていませんか?

飼い主さんにとって少量であっても、体の小さな犬にとっては十分な量であることもあります。

また、ごはんを食べないからと言っておやつばかり与えていると、愛犬が「ごはんを食べなければおやつがもらえる」と思ってしまい、さらにごはんを食べなくなってしまいますので注意しましょう。

体調が悪い

いつも食べているフードの匂いを嗅ぐのに食べてくれない、食べ辛そうにしているときは体調不良を疑いましょう。

消化器官の不調や口の中の病気などが考えられますので、早めに動物病院に連れて行ってあげてください。

ドッグフードでチワワのアレルギー対策をするためには?

食物アレルギーの対策として、定期的にフードを変える「フードローテーション」を行うという考えがあります。

例えば、鶏肉がメインのフードを生涯使い続けるのではなく、2・3ヶ月ごとに牛肉や魚、豚がメインのフードに切り替えるというものです。

フードローテーションを行うことで、栄養の偏りを防いで、アレルギー発生のリスクが少なくなるというメリットがあります。

ぜひ愛犬の食事に取り入れてみてください。

チワワが1日に必要とする餌の量(給餌量)は?

愛犬に合うフードが見つかったら、どのくらいの量を与えれば良いか気になりますよね。

犬が1日に必要とする給餌量は、フードの種類、体格や運動量、ライフスタイル、年齢などによって異なります。

今回は、チワワにおすすめのフード「モグワン」の給餌量を紹介します。

子犬(4~12ヶ月)の場合

体重 1日の給餌量
1~1.5kg 41~55g
1.5~2kg 55~68g
2~2.5kg 68~84g
2.5~3kg 84~93g

成犬の場合

体重 1日の給餌量
1~1.5kg 33~45g
1.5~2kg 45~56g
2~2.5kg 56~68g
2.5~3kg 68~76g
3~3.5kg 76~83g
3.5~4kg 83~89g
4~4.5kg 89~96g
4.5~5kg 96~104g

老犬の場合

チワワは7歳からシニア期に突入すると言われています。

シニア犬は運動量が減りますので、成犬に与える量から20~30%ほど減らしてあげましょう。

ただし、今回紹介したものはあくまで目安の量で、便の様子や体重の変化を確認しながら量を調整して与えるようにしましょう。

まとめ

今回はチワワにおすすめのドッグフードについて紹介しました。

愛犬に少しでも長く、元気に過ごしてもらうためには、毎日の食事に気を付けてあげる必要があります。

太りやすく関節疾患の多いチワワには「モグワン」がおすすめです。

もしフード選びに迷ってしまったら、今回の調査を参考に愛犬に合ったドッグフードを探してみてはいかがでしょうか。

定期購入の利用で最大20%オフ
モグワンドッグフードの公式サイト
それでも、まだ迷っている方におすすめのドッグフードは・・・

中でも1番おすすめなのは、モグワンドッグフード

安全性・栄養成分・コスパ・食いつきのよさなど、トータルバランスに優れているので、迷っている方はモグワンを選んでおけばまず間違いないでしょう。

おすすめの記事