馬肉パラパラミンチドッグフードの口コミ・評判は?原材料や安全性を解説

人間が食べられるほど新鮮な馬肉を使ったドッグフードがあるのをご存知ですか?

「馬肉パラパラミンチ」は、馬刺し専門店「利他フーズ」が販売しているドッグフードです。

いつも馬刺しを購入しているお客様から「高齢犬に馬刺しをあげてみたら、すごい勢いで食べてくれて嬉しかった」という電話をもらったことがきっかけで生まれた「馬肉パラパラミンチ」。

人間用に販売されている馬刺しの切れ端をミンチ状にして販売しているので、新鮮で良質なドッグフードとなっています。

とはいえ、いきなり生馬肉を愛犬に与えるのは不安と感じる方も多いでしょう。そこで、今回は馬肉パラパラミンチの品質や特徴、口コミなどを紹介します。

馬肉パラパラミンチのおすすめポイント

馬肉パラパラミンチのおすすめポイント

・高タンパクで低カロリーなのでヘルシー
・安心・安全な品質
・酵素がたっぷり含まれている

高タンパクで低カロリーなのでヘルシー

馬肉は、牛や豚と比べるとタンパク質量が多く脂肪分が低い、とてもヘルシーな食品です。

そのため、必要な栄養分を摂りながらダイエットできるので、体重管理が必要な犬にもおすすめです。

安心・安全な品質

馬肉パラパラミンチを販売しているのは、人間が食べる馬刺しを取り扱っている専門店「利他フーズ」です。

「利他フーズ」では、熊本の大自然でのびのびと育った馬のみを使用しています。

また、熊本市食肉センターを通過した馬肉を、国際的な安全管理システムに対応した工場で加工されていますので、安心して与えられます。

生肉には酵素がたっぷり

馬肉パラパラミンチには酵素がたっぷり含まれています。

酵素は、消化の働きをサポートしたり、皮膚のターンオーバーを促してくれたりするといった大切な役割を果たします。

しかし、酵素は50℃以上の熱を与えると消滅してしまうため、通常のドッグフードではほとんど摂取できません。

品質的にも安心・安全な馬肉パラパラミンチで酵素を摂取させましょう。

馬肉パラパラミンチの基本情報

まずは馬肉パラパラミンチの基本情報について紹介します。

商品名 馬肉パラパラミンチ
分類 総合栄養食
定価(税別) 2,500円・5,000円
内容量 900g・1.8kg
カロリー(100g) 110kcal
賞味期限(開封前、開封後) 開封前:加工日より180日

開封後:早めに使用

生産国 カナダ産熊本肥育
販売元 利他フーズ
対応年齢 全年齢対応
メイン食材 馬肉
穀物類 不使用
酸化防止剤 不使用
人工添加物・香料・着色料 不使用
粒の大きさ
公式サイト http://kumamoto-basasi.com/ad/FS3901_a.html

馬肉パラパラミンチの原材料と成分

馬肉パラパラミンチの原材料一覧

馬肉

馬肉パラパラミンチの成分一覧

タンパク質 20.1%以上
脂質 2.5%以上
繊維 1%以下
灰分 1%以下
水分 76%以下

馬肉パラパラミンチの原材料・成分の品質まとめ

馬肉パラパラミンチに使われる原材料は、人間用馬刺しの切れ端のみとなっており、余計な添加物が一切使われていないことが分かりました。

馬肉は、牛や豚と比べるとタンパク質含有量が豊富で約2倍含まれています。

さらに、脂肪分は牛の1/5、カロリーは牛や豚の1/2ですので、高タンパクで低カロリーの食材です。よって、ダイエット中の犬やシニア犬にも大変おすすめです。

その他にも、鉄分やカルシウム、必須脂肪酸、グリコーゲンといった犬の体に良い栄養素がたっぷり含まれています。

馬肉パラパラミンチはこんな犬におすすめ!

牛、豚、鶏にアレルギーのある犬

ペットフードの中には「馬肉」と記載があっても、原材料の中に鶏肉や牛肉エキスなどが含まれているものもあります。

愛犬がこれらの食品にアレルギーがあると、ドッグフード選びが非常に大変です。

馬肉パラパラミンチは、人間用の馬刺しの切れ端をミンチ状にしたものですので、他の動物性タンパク質は一切使われていません。

そのため、牛、豚、鶏にアレルギーのある犬にも安心して与えることができます。

シニア犬で食欲が落ちてしまった犬

人間同様、犬も歳を取ると食欲や代謝、運動量が落ちてしまいます。

歳をとっているから仕方ない…とそのままにしておくと、愛犬の体力もどんどん低下します。

馬肉パラパラミンチは、新鮮な馬肉を使用しているので犬の食いつきにも期待ができるのです。

ダイエット中の犬

馬肉は、他の肉類に比べると高タンパク質・低カロリーで、とてもヘルシーな食材です。

そのため、ダイエット中の犬にも安心して与えることができます。

ダイエットフードに変えたけど食べてくれない、という愛犬に、ぜひ試してみてください。

ドライフードをあまり食べてくれない犬

愛犬がドライフードを食べてくれないという悩みをよく耳にしますよね。

犬は、ドッグフードの食感や香り、味が気に入らないと食べてくれない場合があります。

そんなときは、馬肉パラパラミンチをフードにトッピングして与えてみましょう。

生肉はとても嗜好性が高いため、食いつきにも期待ができます。

馬肉パラパラミンチの口コミ・評判

良い口コミ

https://www.instagram.com/p/BafvfWtnCAH/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/B1404--A8Pk/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

https://www.instagram.com/p/Bmc888FnIk9/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

https://www.instagram.com/p/BWfIMtZF373/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

悪い口コミ

残念です
商品のパッキングがあまく袋がぬけているものあり。
パラパラミンチと謳っているが団子状態で固まっている。
全てを使用したのではないがペット用なのに赤身とは程遠い脂肪。
生食に対する知識は?そう疑いを持ってしまいました。
返品交換のお話は有りませんでした。残念ですが再度の購入は無いと思います。
変色してました
初めて購入しましたが3袋のうち2袋は、冷凍焼けし赤黒く変色していました。
1袋だけは正常な色って、あきらかにおかしいですよね。
二度と買いません。二袋は捨てました。
送料無料につられて買ったけど、大変損をしました。
色がヤバい。
一袋、変色して臭い肉があったので、お店に問い合わせたところ、再送してくれるとのご丁寧なご連絡。
なのに、再送された商品も変色していたという、ギャグのようなオチ。
対応は丁寧だったので今後に期待させていただきます。

馬肉パラパラミンチの口コミ・評判のまとめ

SNSで馬肉パラパラミンチの口コミを調べてみたところ、「食いつきが良かった」「涙やけが改善した」といったコメントが見られました。

通常のドッグフードへトッピングして与えるほか、ハンバーグにするなど手作り食として利用している方も多いようです。ミンチ状なので、他の料理に加工するのも非常に楽ですね。

一方、楽天で購入者の口コミを調べてみたところ、悪い口コミとして「変色していた」「パッキングが甘い」「団子状になっていた」といったコメントが確認できました。

ただし、これらは2017年以前のコメントばかりで、それ以降の悪いコメントは確認できませんでしたので、現在は改善されているようです。

馬肉パラパラミンチの価格とコスパは?最安値とおすすめの購入方法

馬肉パラパラミンチを最安値で購入できる場所

馬肉パラパラミンチは、公式サイトと楽天で購入することができます。

価格・送料については同じですので、どちらで購入しても最安値で購入できるということになります。

ですので、ご自身の購入しやすい方法で購入しましょう。

馬肉パラパラミンチの販売価格と割引制度

馬肉パラパラミンチは、300g×3袋が1セットとなり、2セット以上購入すると送料無料になります。

保存に関しても冷凍保存が可能ですので、継続的に利用するのであれば2セット以上をまとめて購入するのがおすすめです。

さらに、楽天で購入するとポイント利用ができるため、よく楽天でお買い物をする方は楽天で購入すると良いでしょう。

馬肉パラパラミンチのコスパは?給餌量別1ヶ月の目安料金

馬肉パラパラミンチは、総合栄養食ではないため、全ての食事を馬肉パラパラミンチにすると栄養バランスが偏ってしまう可能性があります。

そのため、ドライフードへトッピングして利用したり、手作りフードの材料として使ったりするのがおすすめです。

ドライフードにトッピングする場合は、ドライフードと馬肉の割合が7:3となるように与えてください。

例えば、1日の給餌量が70gの犬であれば、ドライフードを49g、馬肉を21gにしましょう。

1日に与える馬肉の量が21gであれば1ヶ月の給餌量は630g。そのため、馬肉のみの1ヶ月のコストは1,750円となります。

馬肉パラパラミンチの1日あたりの給餌量

先ほども説明した通り、馬肉パラパラミンチを与える際は、栄養の偏りを防ぐために他のドッグフードや手作り食の材料として使うようにしましょう。割合は下記の通りです。

手作り食…馬肉パラパラミンチ6:穀物2:野菜2

ドライフードのトッピング…馬肉パラパラミンチ3:ドライフード7

与え方やドライフードの量によって給餌量が異なりますので、この割合を参考にして与えてください。

馬肉パラパラミンチを与える際の注意点は?

生肉を食べ慣れていない犬は注意!

生肉を食べ慣れているワンちゃんの場合は問題ありませんが、初めて生肉を食べさせるときは注意が必要です。

急にたくさんの量の生肉を与えてしまうと、胃腸がびっくりしてしまい嘔吐や下痢といった症状が出てしまう場合があります。

そのため、まずはスプーン1杯程度の量を与えて様子を見ましょう。それでも軟便や下痢といった症状が見られれば、生で与えるのを一旦中止し、加熱して与えてみてください。

胃腸が慣れてきたところで、少しずつレアに戻していくと良いでしょう。

保存をしっかり行う

馬肉パラパラミンチは生肉ですので、保存方法には注意が必要です。冷凍のままなら、賞味期限は加工日から180日です。

ミンチ肉は肉の色が変色するスピードが速いため、開封後はなるべく空気に触れないように密封して、冷凍庫の奥の方で保存してください。

また、一度解凍したミンチはしっかり冷蔵保存して1、2日以内に使い切ってください

主食として与えられないのでコストが高い

1日の給餌量の部分でも説明しましたが、馬肉パラパラミンチのみを主食として与えると栄養が偏ってしまう可能性があります。

他のドッグフードにトッピングして与える必要があるため、他のドッグフード代と合わせて馬肉パラパラミンチのコストがかかり、コストパフォーマンスは良くないと思われます。

ただし、犬の嗜好性は高いので食欲が落ちて困っているという犬にはおすすめです。

馬肉パラパラミンチのよくある質問

馬肉パラパラミンチにお試しサンプルはあるの?
残念ながら、馬肉パラパラミンチにお試しサンプルはありません。
馬肉パラパラミンチの保存方法は?
馬肉パラパラミンチは、冷凍保存をする必要があります。
ミンチ肉なので、空気に触れると変色しています。そのため、なるべく密封して温度の変化が少ない冷凍庫の奥の方で保存しましょう。
与える際は、使用する半日ほど前に冷蔵庫へ移して解凍するのがおすすめです。解凍後は1、2日以内で使い切る必要がありますので、与える分量だけ解凍するのがおすすめです。
馬肉パラパラミンチはいつから与えていいの?
離乳期を過ぎて固形物を食べられる犬であれば馬肉パラパラミンチを与えても問題ありません。
馬肉パラパラミンチは店舗で取り扱っているの?
馬肉パラパラミンチは、店頭での取り扱いはありません。
公式サイト、または楽天ショッピングでのみ購入することができます。
また、馬肉パラパラミンチは複数のメーカーから販売されていますので、必ず販売元を確認して購入するようにしましょう。
馬肉パラパラミンチはグレインフリー?添加物は含まれる?
馬肉パラパラミンチの原材料は馬肉のみですので、穀物は一切使われていないグレインフリーです。
また、人工添加物も一切使われていませんので安心して与えることができます。
馬肉パラパラミンチでフンの臭いや体臭が改善される?
生肉には酵素がたっぷり含まれています。
酵素が犬の体内で働くと新陳代謝が良くなり、体臭が改善される可能性も高いと言えます。
また、便の臭いが気になる原因として「食べすぎ」「消化されていない」「油分の多い食べ物を食べた」といったことが考えられます。
馬肉は消化吸収が良く油分も少ない食材なので、給餌量をしっかりと守っていれば便臭が気になることはないでしょう。
馬肉パラパラミンチで毛並みは良くなる?
馬肉パラパラミンチはタンパク質が豊富なので、毛並みの改善にも期待ができます。
また、酵素の力で皮膚のターンオーバーが活性化され、皮膚や被毛の状態もよくなるでしょう。
馬肉パラパラミンチはアレルギー持ちの犬に与えても大丈夫?
馬肉にアレルギーのある犬以外は、与えても問題ありません。

まとめ

今回は、馬刺し専門店から販売されている「馬肉パラパラミンチ」について解説しました。

馬肉パラパラミンチは、残念ながら総合栄養食ではありませんので、ドライフードのトッピングや手作り食の材料として使えるドッグフードです。

品質に関しては、人間用として販売されている馬刺しの切れ端をミンチ状にしたものですので非常に高品質です。家族の一員である愛犬にも安心して与えることができますね。

一方、生肉ですので購入後は冷凍保存をする必要があります。

与える際に解凍しなければならないという手間はありますが、新鮮な生肉を毎回用意するよりも簡単ですので、生肉を与えてみたい、手作り食に挑戦してみたいと考えている方は、ぜひ試してみてください。

それでも、まだ迷っている方におすすめのドッグフードは・・・

中でも1番おすすめなのは、モグワンドッグフード

安全性・栄養成分・コスパ・食いつきのよさなど、トータルバランスに優れているので、迷っている方はモグワンを選んでおけばまず間違いないでしょう。

おすすめの記事